2009年11月04日

人見知りと児童虐待

子どもの頃に受けた虐待が原因で人見知りになる人もいます。
人見知りの原因としてだけでなく、子どもを取り巻く問題として児童虐待について考えてみましょう。

児童虐待は日本で大きな問題となっています。
児童虐待には、保護者が子どもに対して行う虐待で、暴力をふるう・外に出して家の中に入れないなどの身体的虐待、食事を与えない・病院に連れて行かないなどの育児放棄(ネグレクト)、言葉などによる暴力である心理的虐待、性的虐待などがあります。
家庭内で起こる暴力であるため発見が難しく、発見されても家庭内で起こっているために介入が難しく、相談がされていても子どもが亡くなってしまう事件も実際に起きています。

このような虐待は子どもの心の傷となり、トラウマやPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの問題を引き起こします。
過度の警戒心を持つ人もいます。
愛情を注ぐはずの親から虐待を受けた子どもの心の傷は深く、大人になって子どもが生まれた時、今度はわが子に虐待を行ってしまう人もいます。

児童虐待を防ぐためには、周りの人の協力が必要です。
子育てがストレスで虐待をしている場合ならば、子育てを一人で抱え込まないようにすることが大切です。
周りの人も虐待に気付いたら声をかける、児童相談所に相談することが、子ども・親双方のためにも必要です。
辛いときは、親も子どもも周りの人や相談窓口などで相談してください。

虐待を受けた子どもがその心の傷を克服するためには、長い時間が必要となります。
虐待を繰り返す親自身もその行動を克服しなければ、問題の解決にはつながりません。
自分自身を否定するのではなく、弱いままの自分で良いという意識を持つことが大切です。
posted by 人見知り at 14:20 | TrackBack(0) | 人見知り 克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132009346

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。