2009年11月04日

人見知りの人が大勢の前で話す時

人見知りの人は、話している相手の気持ちがどうなのかを深く考えてしまう性格なので、話を聞く相手が多くなる会議や講演などで話すことが苦手です。
しかし、社会に出るとこのような場でも話さなければならない機会が増えます。
このような大勢の人の前で話す時には、人見知りである人はどのようなことに気をつけたら良いでしょうか。

人前で話す時は、話が長時間になりますので相手が理解しているか、興味を持って聞いているかが気になります。
しかし、全員にわかるように話すのはほんの数時間では難しいものです。
ましてや、人見知りの人は相手がどのような気持ちで話を聞いているかが気になると、自分が話している内容がおろそかになりがちです。
まず、伝えたいことに神経を集中させて、相手の表情の前に自分の話の内容に気をつけて話すことを心がけましょう。
話をしていて慌てないように、資料はしっかり用意しておいてください。
自分が話しやすいようにメモを箇条書きしておく、レジュメを用意している場合なら、それに沿って順に話していくと良いでしょう。
また、長時間話すことは本人も聞いている人も疲れてくるので、途中で休憩を入れて一息入れるのも良いでしょう。

本番で話をスムーズに進めるためには、一度練習しておきましょう。
説明を余計に付け加えすぎると時間が足りなくなりますし、聞いている人も理解し辛くなります。
的確にわかりやすく、を心がけて話すことが大切です。
このような経験の積み重ねが人見知りの克服につながります。
人前で話す経験が増えるとそれが自信となって、人見知りも自然と克服できるでしょう。
そして、人前で話すことが楽しくなると人生ももっと楽しくなるのです。
posted by 人見知り at 14:20 | TrackBack(0) | 人見知り 克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132009348

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。