2009年11月04日

人見知りと信頼

人見知りの人にとって、相手が自分のことをどのように感じているのかがとても気になります。
嫌われるようなことを言いたくない・嫌われるような行動は取りたくないと不安になって、嫌われたくないゆえに、行動が起こせないという悪循環に陥り、どうしたら良いのかわからなくなってしまいます。
行動を起こせないから人と話す経験が少なくなり、話すのが余計に苦手になってしまいます。

相手を不快にさせるのを極端に嫌う性格は、元々の性格の場合もあれば、何かのきっかけが原因で自分の自信を失って話すのが怖くなったという場合もあります。
自分の自信を取り戻すことができれば、話すことに対する不安や怖さも克服することができます。
そのためには、相手や周りの人に信頼を得ることが大切です。

信頼は、上手に話せば得られるものではありません。
話がうますぎて、逆にこれは本当なのかと疑ったことはありませんか?
信頼は、短時間で得られるものではありません。
仕事であれば、この人に仕事をまかせれば安心と思われれば、いろいろな人が話しかけてくれます。
仕事へのあなたの態度を周りの人はよく見ています。
仕事に対して手を抜いた投げやりな気持ちを持っていると信頼には結びつきません。
まずは、自分の仕事をしっかりと行うことが大切です。

話をする際も同じことです。
相手に良く思われたいから話をすると、肝心の話の内容に対する気持ちが薄くなってしまいます。
話に対する気持ちが薄いと信頼には、結びつきません。
人見知りの克服は短期間では難しいですが、少しずつ話をすることに意識を持ってきて、話に対する信頼を得るように努力してください。
信頼を得ることが自信につながり、自信が話をする勇気となり、人見知りを克服することができるのです。
posted by 人見知り at 14:20 | TrackBack(0) | 人見知り 克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。